FC2ブログ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舌を出して、亀頭に残った精液を舐めとった。

どうも卑弥呼の力が必要とか言うと卑弥呼が無理矢理、陵辱され処女を奪われ流れた血によって魔王が再臨するとか妄想してしまう

そして痛い痛いとか泣き叫び自分の名を呼び助けを求める卑弥呼に何故か心が痛むダッキ

そう言えば、オロチの淫謀シリーズって第二段もあるのだろうか?
追加の女性武将が女禍・ガラシャ・卑弥呼の三人だけとは言え三人とも面白そうだし

保守

待ってる

保守

保守

エロ書きたいのに
思うように言葉が浮かばなくてイライラする…


誰か三貂同盟作ってください!!

ここに書くことじゃない


自重しろ

5の月英の可愛さは異常

太股エロす

あげ

尚香期待

立花期待!

くのいち期待!!!

うふ~ん

うふ~ん

ロリコン

うふ~ん

いや、立花のギンちゃん

ぜひ大喬で!

うふ~ん

くのいちくのいちうっせww

うふ~ん

うふ~ん

うふ~ん

うふ~ん

うふ~ん

うふ~ん

うふ~ん

いきなりですが投稿しちゃいまーすノシノシ
太公望×妲己です。どぞ!

シャラリ――。
妲己の手に鎖と思わしきものがぶら下がる。
「っ。」
(此処・・・どこ・・・・・?)
妲己は目を覚ました。
見回す限り誰も居ない。
「さっさと逃げ出す方法考えなきゃ・・・・。」
妲己はそう呟く。
先の戦で体力はほとんど失われていた。
部屋の中を見回すと扉があるだけで天窓一つ見当たらない。
あるのは闇と手にある鎖だけ。
(この状況・・・相当厳しいわね・・・・。)
遠呂智の助けを地道に待つ。
それしか手段はなかった。
(遠呂智様・・・助けに来てくれるかしら・・・・。)
妲己は一人そんな事を考えて今の状況に絶望していた。
ギイイイイ―――。
扉が音を立てて開く。
「・・・・・クク・・・哀れだな、妲己。」
「うるさいわね。さっさと鎖外しなさいよ。」
妲己はこれでもかというくらい睨む。
「それが捕虜の態度か?」
太公望は余裕の笑みをこぼす。
「私を捕らえたからっていい気にならないでよね。遠呂智様には敵いっこないんだから。」
そう言って顔をそむける。
「っ・・・貴様とくれば遠呂智遠呂智と・・・・・。」
太公望はさっきとはうってかわって苛立ちを見せる。
「だから何よ。」
「ふん・・・・お前の立場、この私が分からせてやる・・・・。」

バンッ――。
勢いよく扉を閉める。
思わず妲己は身を竦めた。
「な、何をする気よ・・・!」
妲己は必死に鎖を外そうとする。
妖術を使おうと手に力を入れた時だった。
「無駄だ。妖術など、使えんようにしている。」
「そんな・・・!」
そうこう言っているうちに太公望がスタスタと妲己に近付く。
そして太公望が妲己の前に屈んだ。
「せいぜい鳴け。女狐が。」
ニヤリと太公望は笑う。
「ひっ・・・!」
思わず悲鳴に似た声をあげた瞬間、唇に太公望の唇が重なった。
「んっ・・・!」
顔を歪める。足をジタバタさせて必死の抵抗を見せる。
「うるさい。」
太公望は妲己の足に割って入った。
もう完璧に身動きがとれない。
「や・・・いや・・・・。」
妲己は弱弱しくそう呟く。
「そうか。嫌か。なら余計してやらなくてはな。」
布越しに太公望の手が妲己の胸に触れた。
「っ・・・//」
「背はこう見えて小さいものの・・・ここだけは立派だな。」
クスクスと太公望は笑う。
撫で回すと布の中に手を侵入させた。
「や、やめ・・・!あっ//」
胸の頂に触れる。
「もう固くなってるじゃないか、妲己。淫乱。」
ニヤリと見つめられる。
更に攻めの手は揺るがない。
妲己の豊満な胸を揉みしだく。

「ふぁ//ん・・・あん//」
「女狐もいい声で鳴くものだな。さて・・・次は・・・・。」
太公望の片方の手が妲己の腰にまわった。
「やめて・・・・そこだけは・・・//」
涙目で訴える。
「ふん。そんな事知るか。」
面白くなさそうに秘部を撫で回した。
「っ・・・・・///」
妲己は口をきゅっと結ぶ。
「声を我慢するな、妲己。」
「んぐっ//」
胸を攻めていた手が口の中に入って来た。
「これでいやでも声が出るだろ。」
クチュ――。
秘部に指を一本入れる。
「ふぁっ//」
「もうヌルヌルだな。そんなに触って欲しかったか?」
「違っ・・・そんなこと・・・!//」
「そんな事あるだろう、もう二本も入ったぞ。」
相手は余裕の表情でニヤニヤと不気味な笑みをこぼす。
クチュクチュ――。
「あ・・・//ぁん//ひぁっv//」
「もう一本やるか。」
グチュ――。
「やぁ・・・//もう無理ぃ・・・//」
妲己はいやいやと首をふる。
「無理じゃない、4本目、いくぞ。」
「そ、そんな・・・!!//」
グチュ――。
「あっ//」
「4本も入るとはな。日頃からいじっていたのか?」
「そんな・・・こと・・・ない・・・//」
妲己はハアハアと息をもらす。

グプ――。
指が抜かれる。
ガチャリ――。
妲己の腕が突然自由になった。
「特別に外してやる。」
「・・・・・・・・・・・?」
妲己は何事とでも言いたげに太公望を見上げた。
「脱げ。」
「!?」
「早くしろ、脱げと言っているんだ。」
「いや・・・。」
「っ・・・どこまでも強情な・・・!」
太公望は苛立った顔をして妲己の衣服を破り捨てた。
「いい眺めだな、妲己。」
「・・・・・・・・・///」
妲己は恥ずかしさのあまりうずくまる。
「さて・・・奉仕してもらおうか。」
ドサと太公望は腰を落とす。
股を大開にして胡坐をかき、膝に肘をあて頬杖をつく。
「ほら、早くしろ。」
いやいやと首を振る。
「ほぅ・・・・。ではこうしてやる。」
太公望は武器を釣竿を取り出した。
先端には太公望の術で震える球形の物がくっついている。
妲己の上に跨り秘部にその球体を入れた。
「んぁ//」
「さて、気を取り直して奉仕してもらおうか。」
「・・・・。」
妲己は尚も拒否を続ける。
「しないとこうだ。」
ヴヴヴ――。
突然秘部の中の球体が震えだす。
「あぁぁっ///」
「やめてほしくばさっさと私のに奉仕する事だな。」
「す、するから・・・あ//・・・止め・・・て・・・・//」
妲己は苦しそうに悶えながらそう訴えかけた。

妲己は苦しそうに悶えながらそう訴えかけた。
「・・・。」
無言で術を解く。
妲己は慣れない手つきで太公望の衣服を肌蹴させた。
そして太公望のものをおそるおそる掴む。
「ん・・・//」
顔を歪め太公望のものを口に咥える。
これでいいのかどうかを確かめるために咥えたまま上を見た。
「咥えたままでどうする、吸ったりして私を気持ちよくしろ。」
「んぅ・・・//」
妲己は軽く吸う。
ズズズと卑猥な音がたつ。
ペロペロと舐めたりしていると突然頭を押さえつけられた。
ビュルッ――ビュルルル――――。
「ふぇ・・・・!//」
妲己の口の中に太公望の精液が流れ込む。
「飲め。」
「!?」
「飲まないと・・・。」
秘部で再び球体が暴れだした。
「ん・・・・・・ゴク・・・・・・。」
「全部吸い出せ。」
「んーっ・・・・//」
妲己は必死に残りの精液を吸いだした。
「・・・・・けほけほっ・・・・//」
口から太公望のを出すと思わず咳き込んだ。
「美味かったか?」
「・・・・最悪・・・・・・・//」
妲己は涙目で床に倒れこんだ。
もう体力が限界のようだ。
「お礼にお前も気持ちよくさせねばならぬな。」
「・・・・・!?もう終わりじゃ・・・・//」
「終わり?誰がそんな事言った。」
太公望はそういいながら妲己の尻を持ち上げた。
「え・・・!い、いや・・・やめて・・・・!//」
妲己は目を見開く。

ズブ―――。
容赦なく太公望のものは妲己の中に入り込んだ。
「っ・・・・!」
あまりの痛さに妲己は涙を流す。
「・・・・・・・・・・・?まさかお前・・・初めてか?」
「・・・ひゅーっ・・・ひゅーっ・・・・。」
声が出ない。
「どうやら私はお前の初めてになったようだな。」
太公望は満足そうに全てを挿入した。
「うぅっ・・・!いや・・・。」
「動くぞ。」
グチュ――。
ゆっくりと動き始めた。
「んぁ//あ//やぁ・・・//」
妲己は喘ぐ。
「中・・・きつっ・・・・もう少し緩めろ・・・!」
「あぁっ//ん//いやぁ・・・!//遠呂智様・・・・!遠呂智様ぁ・・・!!//」
ピク―――。
太公望の血管が浮き上がった。
「お前は遠呂智遠呂智と・・・少し黙れ!」
突然律動が早くなった。
「え、あ、あぁっv//あ//あ、あ//ひゃぅ//」
「お前は・・・・私の物だ・・・・!誰が遠呂智なんぞに・・・・!」
「あ、あん//あぁっ//あ、あ、あ//あぁぁっv///」
ビクッ―――。
妲己の体が震える。
「くっ・・・・出すぞ・・・。」
ビュルルルルルッ―――ビュルッ――ビュル――ビュッ―ビュ――。
欲を全て中に吐き出した。
「あ・・・・・・・中に・・・・・そんな・・・・・//」
妲己は息を切らしながらそう呟いた。
「遠呂智・・・・・様・・・・・・。」
妲己は静かに寝息を立て始めた。
「っ・・・・・渡してなるものか・・・お前は・・・私の物だ・・・・。逃がさん・・・・。」
中に入れたまま太公望は妲己を抱き締める。
そのまま自分も眠りに落ちた。

ってな感じで貴重なスペースどうも!


//だのvだのの記号無しで表現してもらえると読みやすい気がする。

そうだなくのいち

良かったぞダッキがウブなのが新鮮だった!あえて言うならまだダッキがオロチに出逢ってないころのほうが良かった

禿同
正直萎える

うふ~ん

お前本当はくのいち嫌いだろ

いい加減自重してくれ

うふ~ん

あらし?あらし?(*゚∀゚)

あらしがウザイからくのいちのエロなんて書くかよ


という方向にもっていくのですね、わかります。

案外書いたら黙るかも

うふ~ん

うふ~ん

荒らし退治に
幸村と超ラブラブなくのいちエロでも書くかなあ

うふ~ん

うふ~ん

あらしタンキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

「ん、ここは……」
蘭丸は気がついた。どうやら、ここはどこかの屋敷のようだった。
起きあがってみると庭が見え、手にあるのは畳の感触。
「あら、気が付いちゃった」
突然の声。蘭丸は咄嗟に、声の主のほうへと振り返った。
妲己だった。
「わ、私は、どうして……」
「どうしてって、決まってるじゃない。雄の役目として生かしておいたのよ」
妲己は酷薄な笑顔を見せながら、急に蘭丸の唇を奪った。
絡み合う柔らかな唇に、ねっとりとした唾液が潤滑の役目を果たす。
「さ、あなたには頑張ってもらうわよ」
妲己は唇を離すと、蘭丸の肩にポンと手を置いた。
「な、なんのことですか?」
「うふふ、すぐにわかるわ。お腹空いたでしょ。ご飯出来てるからいっぱい食べて」
妲己はそれだけを言い残し、蒼い光に紛れて消えていった。


訳も分からず蘭丸が別室へと向かうと、そこには豪勢な食事が用意されていた。
常に質素な生活を心がける蘭丸にとって、それは目が点になるほどであった。
「これを私が……?」
「ええ」
蘭丸のひとりごとに、反応したのはお市だった。
そこになぜお市がいるのかも全く理解できないものだった。
「召し上がれ、蘭丸」
藤の花のように艶やかで、柔らかな笑みを蘭丸に向けた。
「な、なぜお市様が……。いけません、私ばかりこのような食事を……」
「私はもう頂きましたよ」
お市は自らの腹を擦った。その表情は妖艶で、雰囲気がいつもとはまるで違う。
「私は……蘭丸、今度はあなたの子種を、頂きたいのです」
「な、何を! そんな!」
蘭丸は全身を硬直させた。
そんな純な男の仕草をよそにお市は、蘭丸に近づく。
そして、肉茎を彼の着物から取り出した。

「蘭丸、私を愛してはくれないのですか?」
小さな舌を出して、陰茎の先をちろちろと刺激させながら、上目で問いかける。
「くぅう、そんな……こんなことは許されることでは……」
「あなたも聞き分けが悪いですね。んっ、ちゅぽっ」
 お市は蘭丸の陰茎を唾液まみれとすると、一気にそれを咥えこんだ。
「う、あ、ああ……お市様……あったかい……」
 蘭丸は思わずお市の頭を掴んだ。ふわりと柔らかな髪質に、漂う花の香り。
しかし、その口から発せられる水音は極めて淫らなものだった。
「ちゅ、ん……ちゅぽっ、んふ」
お市は、己の口壁に蘭丸の亀頭を擦り合わせ、さらに射精感を高める。
「う、くぅあっ! もう、で、出ます……!」
ぷはっとお市は陰茎を口から出すと、舌先で鈴口を激しく刺激して、
「いいですよ。蘭丸、私の口の中に出しなさい」
「あ、あああっ! はぁああ……」
そう言い終える前に、蘭丸は絶頂に達した。
びゅくびゅくと濃厚な白濁の精が、お市の舌や口周りに打ちつけられていく。
その精を、お市は一滴残らず口の中へ納め、こくんと喉に通した。
「はぁ……はぁ、お市様……」
「蘭丸もその気になってきましたね。いいですよ、好きなようにしても」
蘭丸は向かい合う女の声すら耳には入らなかった。
しっかりとお市を抱きしめ、精液で汚れた桃色の唇を激しく奪う。
「ん、ちゅ、お市様……ん、はぁ」
「ああ、あなたもすっかり雄雄しくなりましたね。素敵……」

蘭丸は欲情に身を任せ、お市を床に押し倒した。 
そして、彼女の纏った装いを全て脱がせ、肉茎を湿った秘穴に差し込んだ。
にゅぷにゅぷと、湿った肉と陰茎がひっついては剥がれる音がお互いの体に響く。
「ああっ、あっ、蘭丸! いいですよ! もっと……」
「はぁ、あっ、お市様! もう――もうっ!」
蘭丸は性交経験が乏しかった。それゆえに絶頂へ上るまでの時間が短い。
お市は、蘭丸の首に抱きついて、何度も彼の唇に口づけを交わす。
「はぁあ、構いません! 蘭丸、あなたの精を私の中に沢山、注ぎこみなさい!」
「くぅあぁああっ」
蘭丸は、お市の中に盛大に射精した。
口での快楽などとは比べ物にならないほどの快感。
二度目にもかかわらず、濃厚な精がお市の子宮を満たしていく。
「あはああ……はあ、良かったです。蘭丸……」
「お市様……」
結合した男女はもう一度軽い接吻を交わし、ようやく離れる。
すると、膨大な子種が秘裂から漏れ出し、白濁が淡い色の花弁を汚した。
「さ、早く召し上がれ。ご飯も――もしかしたら、もう冷めてしまったかも」
お市は額の汗をぬぐいながら、苦笑する。
蘭丸は未だに納得いかないけれども、食事にようやく手をつけた。

お市が場を離れ、蘭丸が食事を済ませると、またどこからかある人物が現れた。
「あら、蘭丸くん!」
「尚香どの」
弓腰姫は、快活な笑顔を蘭丸に向けて、彼の隣の椅子に座った。
「ど、どうなさったのですか」
「あのね、蘭丸くんって可愛い顔してるなって。ふふ、襲いたくなっちゃう」
孫尚香は軽く蘭丸の頬に口付けをして、にやりと唇を吊り上げた。
「妲己から聞いてないの?」
孫尚香の問いかけに、蘭丸は首を傾げた。
「あなたは妲己に選ばれたのよ。私達の相手としてね」
「相手……?」
蘭丸はまた反対の方向に首を傾げる。その姿に、孫尚香は溜息をついた。
「反乱軍が負けて、妲己が支配するようになったこの世界では、無双の男達は
 みんな妲己のものになったの。それで、残された無双の女は子供を作るため
だけの存在になったわ。この屋敷に入れられてね」
「それで、私が……?」
「そうよ、あなたはこれから全員の相手をしなくちゃならないの。可哀想だけどね」
孫尚香は蘭丸の頭を撫でた。
そして、ゆっくりと蘭丸の耳元に近づいて、ふっと息を吹きかける。
「……じゃ、やろっか」
蘭丸の手は、孫尚香の胸へと触れられた。
先程の情事が、蘭丸の男の肉体に火を灯していたようだった。
「あん……もう、やる気満々ね」
柔らかな乳肉が、蘭丸の掌を包み込む。蘭丸は衣越しに乳首を弄った。
「ん、ふぅん……あっ」
これから起こることを予想していたのか、乳首は既に硬く勃っていた。

「尚香どの……!」
蘭丸は堪らず孫尚香の衣服を全て脱がせ、一糸纏わぬ裸体とする。
訓練や戦で引き締まったその腰を抱き、豊満な乳房に舌を這わせた。
「あ、ん……あはっ、いいよ、蘭丸くん」
孫尚香は胸への刺激に興奮を募らせ、思わず自分で膣の上に在る突起を弄る。
「尚香どの、もう……」
「うん、いいよ。私にその立派なものを挿れて」
先程二度出したばかりだと云うのに治まらない精力を、象徴する剛直。
柔らかな蜜塗れの花弁にくちゅっと触れて、そのまま膣奥へとゆっくり進めた。
「あっ、はあっ、最初は優しく……!」
孫尚香の懇願に素直に頷くと、蘭丸は孫尚香の腿を持ち上げて、動かさずに
ゆっくりとその膣肉を味わう。お市の膣は締め付けが強い事が印象的だったのに
対して、孫尚香の膣は襞が陰茎を良い具合に刺激し、むず痒い快楽を感じた。
「蘭丸くん……」
「はい」
「もう、動いても大丈夫よ。いっぱい突いて……」
孫尚香の優しげな笑みを、眼前で受けた蘭丸はその頼みに応えずにはいられない。
女の身体を軽々と抱き上げながら、剛直で勢い良く孫尚香を貫いた。
ばすんばすんと、激しい律動の音が部屋中に響き渡る。それほど彼女の膣は
心地よかった。
「ね、出して……蘭丸くんの好きな時に……」
沢山突かれ奥に痺れを感じている孫尚香は、息も絶え絶えに蘭丸に声をかけた。
蘭丸は安心させるように笑みを浮かべた。しかし流石に三度目の絶頂は容易には
訪れなかった。膣内の蚯蚓が複雑に肉棒に絡みつきながら、蘭丸は強く奥を突く。
「あ、くっ、出る……出ます……うあっ」
「あああ……んんんっ」
ぴゅっぴゅっと最初よりも薄く多量の精が、孫尚香の子宮に至った。
その熱い衝撃に孫尚香の女体は艶やかにくねらせ、やがて頂点に達する。
「はあ……はっ、すごいね。蘭丸くん。さっきお市さんとやったばっかりなのに」
「私も……どうして、こんなに……はあ……はあ……」
孫尚香の子宮への長い射精を終えた蘭丸は、孫尚香の膣穴から一物を抜いて、
着物の奥へとしまう。
とろんと夢見心地になっている孫尚香は、膣から白濁の滴を垂らす己の痴態を
見ながら微笑む。
「赤ちゃん出来るのも、そんなに遠くは無いかな……ふふ」

今日は以上です。駄文な上、変な展開ですみません。
一応蘭丸対無双女全員を目指して書いていくつもりです。

評価何か気にせづ書き殴れ!

これで蘭丸が大人になる過程が

わっふる焼いて待ってます囲 囲

うふ~ん


蘭丸は、すでに二人の女を抱いたことに信じられない思いだった。
彼は未だ放心状態になっていた孫尚香を食堂に置いて、庭へと出る。
「やっぱり……」
蘭丸の悪い予感は当たった。広い庭を囲むように建てられた高い城壁。
おそらく、蘭丸を逃さない為の――まるで檻の中に閉じ込められているようだと
彼は溜息を零す。
中華文化を顕にした装飾の城壁に、木造で日本家屋の広い屋敷。
「私も彼女達も、ずっとここから出られないのでしょうか……」
蘭丸は振り返って、屋敷を眺める。
全員を相手にするということは、おそらく無双の女を全員抱くということ。
妲己の言いなりになっているのにもかかわらず、お市も孫尚香も彼を求めてきた。
「もしや、術で操られている……?」
独り言を零していると、屋敷の屋根に小さな女を見つける。
ねねだった。
「あら、蘭丸。そっか、蘭丸が私達の相手をするっていう男なんだね」
「ねね様」
しゅんっとねねの姿は消え、瞬く間に蘭丸の傍に現れる。
「あら、香の香り。さては、もう誰か抱いちゃったんだね」
蘭丸は応えず俯く。そんな愛らしい表情に、ねねは唇を彼の唇に押しつける。
「ん……ちゅっ、ふふ、可愛いねえ。蘭丸」
「ねね、様……ぁ」
とん、とねねは蘭丸の胸を押して、そのまま倒れかかった。
蘭丸は何も抵抗もしないまま、彼女の馬乗りを許す。

ねねは、その状態で己の忍び装束を脱ぎ下ろし、丸々とした乳房を見せつける。
乳首は淡く、肌の白と乳頭の桃のくっきりとした境界が清楚に見えた。
「蘭丸は、お乳が好き?」
「そ、それは……その……」
蘭丸がしどろもどろになっていると、無理矢理乳房を彼の顔に押し付けた。
「んぷっ、ん……ふっ」
「あんっ、ちょっと蘭丸、息がくすぐったいよ」
蘭丸はねねの乳首に舌を這わせた。
ねねは、すぐに嬌声をあげて反応を返す。
しかし、蘭丸の乳首への責めは収まらない。
ねねの小さな背中にしっかりと手をついて抱きしめ、赤子のように吸った。
「あ、いいっ、いいよ、蘭丸。うちの人よりも……あはぁっ」
ねねは堪らず、蘭丸のものを取り出す。力無くそれは萎えていた。
「あら、こんなに小さくしちゃって」
萎えた肉棒をにゅるにゅると手で扱くと、そのままねねは乳房で挟み込む。
「ほらほら、おっきくしないとお仕置きだよ!」
「うああ、あ……気持ちいい」
力無い陰茎が乳房の狭間で踊り狂うのを見て、次第に熱と硬さを取り戻す。
「蘭丸ったら、元気だねえ。あたしも嬉しくなっちゃうよ」
挟み込みながら、チュッと亀頭に口付けして、そのまま上下に乳房を動かす。
先走りの汁と、ねねの唾液が潤滑を果たして、未曽有の快楽をもたらした。
「う、はっ、ああ、ねね様……もうっ」
その言葉に、ねねはぎゅっと手で肉棒の付け根を握り締める。
精の流れはそこで止まった。
「だめだよ、蘭丸。イクなら私の膣内にしてもらわないとね」
「そ、そんな……」

蘭丸の言葉にも構わず、ねねは握り締めた肉棒を己の秘裂へと差し込んだ。
にゅるっと柔らかく熱い膣肉が棒を歓迎する。
入口の締まりは並以上のものがあるものの、膣奥はまるで母の優しさを
象徴するかのように柔らかい。
「あ、はぁっ! いい! いいよ!」
騎乗位の状態で、ねねはぐりぐりと腰を動かす。
「ねね様、う、くぅっ……」
「はぁ、はっ、ん……さすがに、射精を我慢させるのはかわいそうかもね」
ねねは蘭丸に乗って、その苦痛の表情を眺めると、手をそっと緩めた。
「うん、いいよ。いきたい時にいっていいからね!」
「……ねね様」
彼女の母性に心を打たれ、蘭丸は最後まで彼女を責め抜くことを決意する。
寝ている状態にもかかわらず、軽々とねねの膣を肉棒で突きあげた。
庭の敷草がちくちくと背中を刺激する。
「あっ……ああっ、蘭丸、いいよ。たっぷりあたしの中に注いでちょうだい!」
ねねは下からの突き上げに酔いながら、蘭丸の舌に己の舌を絡ませた。
「ん、ふぅっ……は、はいっ! 出します!」
「うん! ああっ、はぁ……くっ、あたしもいっちゃうううぅっ!」
蘭丸は膣の最奥に亀頭をぶつけると、そのまま精を解き放った。
絶頂を迎えて小刻みに震えるお互いの性器。
そして蘭丸の多量な精は、ねねの子宮にドクドクッと絶え間なく注がれていく。
「ん、ふう……蘭丸の、元気な種が沢山お腹に入ってきてるよ」
「くっ、はぁ……止まらない」
長い射精の間、ねねは一体何を考えているのだろう。
上体を倒した彼女を抱きしめ、蘭丸は思う。
自分が子を宿してあげることが、本当に幸福なのか――ということも。




日は暮れ、夜になった。
蘭丸は、稲姫が風呂を沸かしたと言うので、素直に風呂場へと赴いた。
頬を赤くさせながら、蘭丸に風呂に入る様に告げる稲姫は、術の類とは言え
さすがに初心なところを持っているのだろう。
頭に手拭を乗せて、湯に包まれながら目を瞑る。
「蘭丸様」
はっと開けた目。視線の先には、白い薄布地の装束を纏った阿国がいた。
「今日はほんにおきばりやしたなあ。今日だけでもう三人やろ」
「は、はあ……」
「お強い子や。そうや、うちが蘭丸様の体を洗ってさしあげましょか」
雅なその身なりに、蘭丸の肉棒は反応してしまう。
「さ、早く湯船から出てもらわんと、うち蘭丸様の体洗えへんのやけど」
阿国はそう言って、蘭丸の手を掴みぐいと引っ張った。
もちろん、興奮して剛直と化した陰茎も顕になる。
「あぁん、すごいわぁ」
「そ、そんなに見ないでください……」
臍に着きそうなほどに反り返り、ぱんぱんに張った桃色の亀頭。
「そやかて、これ、どうにかせなあかんでっしゃろ?」
さわっと優しく肉棒に繊細な細い指が触れる。びくんっと棒が上下した。
「うちに任せておくれやす……」
阿国は、蘭丸の眼前で妖艶な表情を浮かべる。
薄い布地から迫力のある阿国の乳房が透けて見える、それは湯がかかることで
一層顕著になった。もちろん股間の短い陰毛も。
最早、何を隠すという機能すら果たさないその衣を、大胆に脱ぎ捨てた。
その女体は、蘭丸にとって眩しすぎた。



一方、稲姫は、浴室の前で布を持って待っていた。
蘭丸は唯一の男である為、丁重に扱うよう妲己から命令を受けていた。
そして、彼女もいつかは蘭丸に抱かれるということに、怖さと期待が半々に
入り混じっていた。
ぴくっと身体を震わせる。浴室から声が聞こえた。
蘭丸しか入っていないのに、聞こえてくる女の声。
「……だ、誰?」
失礼を承知で、そっと稲姫は浴室の戸を開けた。
それは未だ生娘で交わりを知らない彼女にとって、衝撃的な光景だった。
「あんっ! ああんっ! ええ、ええよぉっ!」
「阿国様っ! まだ、まだです!」
湯の溜まった浴槽の中で、それは対面座位で行われていた。
肝心なところは浴槽の壁で見えないが、男が女の中に入っていることは
稲姫にも容易にわかった。
そして、じゃぷじゃぷと湯が掻き立つ音も卑猥に聞こえる。
「あふっ、ああっ! 蘭丸様ぁ!」
「くっ、あああっ! 阿国様! 出します!」
蘭丸は湯の温かさと、滑り気の多いもぞもぞとした膣壁の感触に、
激しく腰を振ってすぐに絶頂へと向かう。
「ふふ、もう二回目や……あぁんっ、ええよぉ。うちにいっぱいっ!」
稲姫は目を丸くしながらも、その光景を食い入るように見つめた。
蘭丸は阿国を抱きあげて、湯から立ち上がると、そのまま精を注いだ。
ビュクビュク……。
熱い精が奥にかかる快楽に酔いながら阿国は、ちらりと稲姫のほうを見つめた。
ドキッと胸が高鳴った稲姫。

「ふふ、稲姫様。のぞき見は失礼どすえ?」
その言葉と同時に、蘭丸も稲姫の方向を見つめる。
二回目ともあって、結合部の隙間を割って出てくる白濁が、とろりと浴槽に落ちた。
「そ、その……申し訳ございません!」
顔を真っ赤にしながら、稲姫は頭を下げる。
「そないに謝られても……うちは気にしません。なあ、蘭丸様」
肉体を結合させながら、阿国は蘭丸に首を傾げる。蘭丸は頷いた。
「それに……あふぅっ、蘭丸様のおちんちんもまだカチカチみたいやし……」
稲姫に見られているという状況が、さらに蘭丸の興奮を高める。
先程出したと言うのに蘭丸の肉棒は、阿国の中でさらに硬さを増した。
「三回目は、稲姫様に見ててもらおか」
「……稲姫、様」
蘭丸は心配そうに初心な稲姫を見つめながらも、阿国を抱いて浴槽から出る。
尻肉をむずっと掴むと、じゅぷぷっ!と腰を引いて一気に中を貫いた。
「あはぁんっ! はぁん! 三度目やのに……すごいわぁっ!」
「こ、こんな……不埒な」
稲姫は、胸の鼓動を押さえつけるように自らの乳房に手を触れる。
「稲姫様。そんなとこにおらんと、一番見やすいところで見ておくれやす」
太い蘭丸の肉棒で貫かれながら、阿国は稲姫にそう言った。
稲姫が二人に近寄る。
肉茎が秘裂の穴にはめこまれ、ぬるぬると前後しているのがよくわかった。
散々出された白濁が、出し入れするたびにトロトロと零れおちる。
「す、すごい……こんな、とこまで」
「ふふ、お姫様は興味津々や。あんっ、蘭丸様、もっと突いてええよぉ」
「はいっ! はっ、はっ!」
犬の息遣いのように小刻みに呼吸する蘭丸は、いっそう動きを強めた。
その度に、ぶるんぶるんと大きく揺れる乳房に、上品な髪。
極上の女の肉体を、まだ年も重ねていない青年が激しく犯している。
阿国は蘭丸の舌に己の舌を絡ませた。
「ん、ちゅっ、んは……はっ、あかん、うちもういんでまう……」
「阿国様……私もっ、もう……!」
「ん、ええよ。いっぱい出して。種付けの瞬間を稲姫様に見ててもらいましょ」
阿国は稲姫を見た。
稲姫も潜在的な性への好奇心には勝てず、その瞬間を心待ちにする。
「あ、くぅっはぁ……!!」
「ああああああんっ! すごいいぃっ!」
三度目の膣内射精。
びゅるびゅると多量の精子が、我先にと子宮へたどり着こうとする。
そして収まりきらない白濁は勢い良く、膣外へと放たれ、見つめていた稲姫の
顔をびちゃびちゃと汚した。

「きゃあっ!」
稲姫はあまりの驚きと恐怖に、咄嗟に飛びのいてしまう。
顔についた精液を、好奇心のままにペロリと舐めた。
そのまま蘭丸は阿国の中から勢いを失くした肉棒を抜いて、阿国を降ろした。
「さ、稲姫様。蘭丸様のおちんちんを綺麗に舐めて取っておくれやす」
稲姫は小さく頷く。頷くほかなかった。
そして稲姫は恐る恐る舌を出して、亀頭に残った精液を舐めとった。
「ん、ちゅ……」
「ふふ、稲姫様、お掃除上手やなあ」
そう言って阿国は湯につかり始めた。
「蘭丸、殿……気持ちいい、ですか?」
稲姫はちろちろと愛液精液の混じり合ったものを舐めながら、尋ねる。
蘭丸は「はい」と頷き、彼女の頭をなでた。
それで気をよくした稲姫は、口犯を続ける。
温かい口の肉壁の温もりが彼を包み込み、優しく、時折強く刺激する。
それは思った以上に心地よく、蘭丸は稲姫の口の中で再び射精した。

稲姫の掃除が終わると、三人とも浴室を出た。
稲姫は顔を真っ赤にしながら、さっさと自分の部屋へと戻っていった。



うふ~ん

あらしタン…(*´Д`)ハァハァ

GJ!
続き待ってます

稲姫編期待!GJ!

ギン千代バージョン期待!

エロス!GJ!

久々のシリーズものだーー

うふ~ん

サラサラは光秀に決まってんだろ

まだか神は・・

うふ~ん

うふ~ん

バロスwww

うふ~ん

うふ~ん

うふ~ん

うふ~ん

申し訳ないです。アクセス規制に引っかかってしまったので、
続きは解除後になってしまいそうです。
期待して下さっているかた、本当にごめんなさい

アァー!必ず戻ってこい

うふ~ん

うふ~ん

「幸村さまっ」
つい今しがたまで槍を振るっていた凛々しい顔立ちの男が
赤糸威を下ろしていると不意に、少女が木の上から降り立った。
「にゃはー」
少女は、さっと幸村に手拭を差し出した。
「助かる」
甲の部分を外し終え、手拭で汗をぬぐう為に両腕を着物から引き抜いて
上半身をはだけさせ体を拭き始める。
と、少女の腕が幸村の体に絡んだ。
「ね、ね、幸村さま、修行につきあって」
幸村は言葉の意味に気づいて、体をわずかに振り、腕を振りほどこうとする。
戦国の世。
くのいちが、任務のためあらゆる手段を使うことは当然のこと。
少女は、どこかその影のある任務と裏腹に、欠落しているような言葉を紡ぐ。

だめぽorz


戦国の方に書いてくれ

荒らしタソの為に書いたんだろうけど、スレ違いだな

立花様の性交を
またしても稲が覗き見バージョンを期待

うふ~ん

うふ~ん

お前ら二人どこでもそうなのかいwwww



変態

官能小説か何か読んでいるんですか?!笑. 余りにウケるので、チラチラ見てしまうリサ。 しばらくしてイケメン、広げた冊子に何か書き込み始めました。 wwwwwwww 官能小説に一体何を書き込むんだよ!!!! と一人笑いをこらえてプルプルするリサ。 ...



キオスクにあるもの

京都周辺で痴漢にあった人は「キオスクの小説に影響されたからだ!」ってJRを訴えればあんがい勝てるような気がします。 おまけ: むいむい兄さんが昔作ってたcgiがまだ生かされとった。 官能小説タイトルジェネレーター ...



赤い旗

やっぱケータイ小説ってのはセックス描写が入らないと駄目なんだなぁ…童貞の私にはセックスと愛が結びつかない、むしろセックスと愛を結び付けたら負けだと思ってるだから私は絶対にケータイ小説なんて読まないZE!ならフランス書院の官能小説を読むぜ! ...



LAW DE SHOW [57] 『真木栗ノ穴』

官能小説の執筆など無理と思っていた勉の筆が急に進み始め、連載小説は大ヒット。それは従来の「妄想主義」から「写実主義」に転換できたため。つまり穴から覗く佐緒里と男たちとの情事をそのまま文字で表現すればいいのだが、それって現実? ...



好きな花は「サクラ」

リアルドリーム文庫ってそういう志向の文庫なのか。納得。絵はズンダレぽん。 以前は火浦R・挿絵で「奈々の学園ライフ」などを書いていた岡下先生。でも、文体や文章のクセからすると、いわゆる官能小説寄りの方がマッチすると言われれば、確かにそんな気 ...



檻の中で・・・(_´Д`)ノ~~

キリンさんが 好きですヽ(´▽`)/ でも あなたね事は もっとチュキです(;´艸`)ぁぁぁだから たまには 麻衣を 電マで苛めてみませんか? o(^∇^o)(o^∇^)o 最近 官能小説を買いました!! 通勤電車で読むと 替えの下着が必要になりました(/_\;) ...



官能小説

今年 ある書店で 官能小説Best10で 堂々の一位を取った作品の描写の一節です(〃д〃) ・・読みたいです(笑) まだ 一度も 官能小説は読んだ事がない やよい・・ 【文字のエロス】こそ 真の官能だ!! 泣きついたり 失恋したりと面倒くさいこといっさい ...



尽くすタイプの絵美子をソフトSMで責めてみる。

俺は絵美子の耳元でささやきながら、おっぱいを両手で愛撫した。 ゆっくりともみしだき、乳首をくりくりと刺激する。 「ん・・・やん・・・。」 手枷をベットに固定し、絵美子の両足をがばっと開く。 にほんブログ村 小説ブログ. チャット.



サブリミナル?ふみかの場合(1)

俺はマッドの研究室を訪れた。 マッドというのは俺の高校時代の同級生で天才的な頭脳を持った変人だ。マッドという名前は、もちろん「マッド・サイエンティスト」から取ったあだ名だ。 教授の言うことを聞いて立てていれば良かったのだろうが、そういう ...



ざつだん?

時間をかけて口説き落としなんとか性交にまで持ち込み… 妄想と想像だけだった相手の生殖器にペニスを挿入する最初の瞬間はその経験が何人目だろうと胸が高鳴り、身体の芯からワクワクします。 指技の段階で膣粘膜の感触や締り具合をある程度は認識でき ...



妄想無双 たぶん、官能小説 3

3.暴君の嗜み 薬屋が去ってから、貂蝉は部屋を出た。 こんな気持ちのいい天気の日なのだ、部屋に籠もっていたら、もったいない。 部屋の配置上、外に出るには董卓の部屋の前を通ることになる。 いつも雑兵を立たせているはずなのに、今日に限っては誰 ...



長澤まさみ、官能的な衝撃小説の映画化主演に!洋画の20世紀『官能 小説』

沖縄の海辺で制服を脱ぎながら自己紹介、アイスキャンディやヨーグルトなどを音をたてながら舐めたり、ローションマットやベッドの上で官能小説を読んだりと過激に挑戦する。 豊川悦司に官能小説朗読させてDVD付録にしたan・an様。 ...



出会い系で見つけたあかねを先輩と3Pする。

先輩が俺のうちに押しかけてきて、女を紹介しろとさわぐので、俺は出会い系ですぐに会えそうな女の子を捜した。 正直、先輩に知り合いの女の子を紹介する気にはなれない。 幸い、近所で待ち合わせできる女の子がみつかったので、俺が一人で迎えに行く。 ...



禁断の凌辱 ?息子の肉体モデルになった母? 青井マリ

1480円 980円 500円 青井マリ マドンナ 人気官能小説家の青井光月。小説を書く時は書斎にこもり、姿を見ることはできなかった。その光月の息子・秀雄は漫画家を目指していたが評価は低く、母親のマリ、そして光月からも相手にされていなかった。 ...



殻の中の小鳥 I ?クレア・バートン? エロ アニメ

「同人誌」『官能 小説』『エロ アニメ』おまけ本同人 漫画 部屋 - 同人 パラダイス同人誌3冊【らきすた FF 電脳コイル】 初音ミク 同人誌2冊+オマケ本 計3冊 & 30分エロアニメ動画 To LOVEる 先行エロアニメーション! ...



〔フォクシー〕フォクシーNY【FOXEY NEW YORK】/ノースリーブワンピース

... ワンピース/ベージュ フォクシー【FOXEY】/カーディガン/ダークブラウン フォクシー【FOXEY】/ニット/オフホワイト フォクシー【FOXEY】/ニットジャケット/ピーチ フォクシーカード-セゾンカード[PR] INGNI情報『官能 小説』〔官能 小説〕2人 ...



ママ男 第58話

海外にボツり佇む俺。 分かっていながら何も出来なかった自分が悔しくてならなかった。 「俺はどーすりゃいいんだ・・・。いや、落ち込んでる場合じゃないな、とりあえずあんずを探しに行こう!そして希望をもってナオキとヒヨコを助けに行こう!」 ...



ねじまき鳥は世界のねじを巻く

なぜか村上春樹=官能小説の人。 というイメージがずっとあって今まで手を出さなかったんだけど「アフターダーク」を読んで、あれ、おもしろい?と思い「海辺のカフカ」「ノルウェーの森」と来て今は「ねじまき鳥クロニクル」を読んでいます。 ...



激綺麗な人妻と一戦交えたい

ブルマおっぱいをつんつんしてみたい欲求 ■かすみ果穂みたいな保母さんがいたらな ■パイパン 毛無し娘! ■小川あさみのソーププレイ ■「涼子をイカセテ 」 深田涼子 ■官能小説・出会い系で男あさり ■女子高生と色んな所でエッチしてます ...



読むのであればご覚悟を

こう書いてると官能小説の一部分みたいですな とまぁこんな感じで、完全オリジナルですね幼馴染とか言う設定も何処かに行っちゃってますこのレオタードの胸の部分の生地が谷間に押し寄せて胸が露出しているのって大好きです(阿呆) ...


スポンサーサイト
[PR]

【今ダケ+1個】2014年上半期売上げNo.1増大サプリの「ヴィトックスα」が
期間限定でさらに1個もらえるキャンペーン中!8月3日までの期間限定!!
FC2動画 - http://video.fc2.com/
いつでも、どこでも、好きなだけ。お好みのエロ動画で。

しかし童貞狩りとは羨ましいシチュエーション

さぁ急いで復活の儀式に取り掛かるんだ!

これ置いていきますね

卑弥呼

大人の女性がいいでつ

漏れもなんか投下するから誰か甄姫タンをくれ(´Д`)

曹丕様ー、>304があんなこと言ってるだよー

お前は6ではない
何故なら俺が6だから

我が君・・

曹丕×甄姫きぼんん

曹丕×甄姫投下します。

「ここは…随分暑い所…ですわね…」
ふう、と少し息をついて甄姫は曹丕に言った。
「…甄よ、暑いのか?」
いつもの不敵な笑みを浮かべて曹丕は尋ねた。
「…え、ええ、少し…」
気品を失わず優雅に、それでいながらも
さすがに暑いのか
少し眉をひそめて甄姫は答えた。
曹丕は隣に立つ妻を抱き寄せると
その美しい唇を吸った。
そして、甄姫の服を脱がし始めた。
「わっ我が君…!な、何をなさるのです…?」
「ふ、この刺すような南国の太陽の下
甄の美しい裸体を眺めるのも悪くないと思ってな…。
それに、服を脱いだらいくらか涼しくなるだろう?」
「で、でも我が君、呉軍がもう近くまで来ていると…」
「何、静観を決め込んでる呉のことだ、
いきなり突撃してはくるまい。
…月明りの下で見る甄もよいが、
まっさらな日光の下で見る甄も、よいものだな。」
「ま、まぁ…我が君…」
曹丕は砦の壁際に甄姫を立たせた。
壁に甄姫をもたせかけさせると
そのふくよかな乳房を両手で揉み、
乳首を舌で刺激した。
「あ、ああ我が君…、い、いけませんわ、お味方も近くにいらっしゃるのに」
「ふ…」
曹丕は甄姫の秘所を触った。
そこはすっかり蜜で濡れていた。
指先を割れ目に入れると、ぬちゅ、と音がした。
「甄よ、これは、どうしたのだ?
まさか、野外でこのような不埒な真似をしているのに
感じているのでは、あるまいな?」
甄姫の艶やかな瞳を覗きこみながら曹丕は尋ねた。
「わ、我が君、私はそのようなことは断じて…ああ、あっ」
「ならばなぜ、こんなに濡れているのだ?」
突起を指先で刺激し、秘壺に指を突っ込みながら
もう片方の手で乳房を揉み、
乳首を指先でぐりぐりと刺激しながら
質問を繰り返した。
「そ、それは…わ、我が君がお側に…いてくださるから、…ですわ。
っあ、っああ、んっ…」
「私が側にいれば野外だろうが陣内だろうがはしたなくなるのか、甄は?」
「そ、そのようなことは…っはぁっああ、ああん、んん…っ」
甄姫の美しい太股を溢れた蜜がしたった。
「ふ、妙なものだな。
甄が口ではそんなことないと言えば言う程
我が手の平は濡れて行くのだが?」
「ああん…我が君…」
切なげな表情を浮かべて甄姫は悶えた。
冷たく厳しい曹丕の質問を浴びれば浴びるほど
甄姫の身体は熱くなっていった。

(ああ、身体が…指だけではもう足りないと…我が君を…欲している…。
でもそのようなこととても言えませんわ…。)
はぁ、ああ、と甘く悩ましげな吐息をもらしながら
甄姫は曹丕の愛撫を受けていた。
(ああ、焦れったい…早く、早くその…ああ、そんなはしたないこと…!)
「甄よ、どうしたのだ?」
「どうしたって、ああ、我が君…」
瞳に涙を浮かべて甄姫は曹丕の瞳を見つめた。
「なんだその不満げな顔は?
私では不満か?」
「いいえ断じてそのようなことは…!」
「ならば止めるが」
「ああ、我が君っ…!」
甄姫は耐え切れずに、
うずくまって曹丕の股関に手を置いた。
服の上からでも堅くなっているのが分かるそれを
両手で撫でた。
(ああ、私はなんとはしたない真似を…!
わ、我が君に嫌われてしまいますわ…!)
「ふ…」
曹丕は甄姫の頬を伝う涙を拭った。
「すまぬ、甄よ。お前の姿があまりに美しくて
つい意地悪をしてしまった。」
そう言うと曹丕は服を脱いだ。
「我が君…」
そして甄姫を抱きしめ、
甄姫の美しい片足を自らの肩に乗せ、
すっかり濡れそぼった秘壺に堅くなった己自身を突き立てた。
「ああ、我が君…!」
「我が美しい妻よ、存分に悶えるがよい。
…南国の陽射しの下でな。」
「ああ、ああ我が君、我が君っ…!」
「甄が普段優雅で気高くあるが、
私の前だと可憐で一途な女である、
それが私には、たまらなく、嬉しい…」
「はぁっ、ああ、あ、あ、あ、あ…!我が君、我が君…!」
二人は激しく身体をぶつけ、絡め、愛を確かめあった。
互いに頭が真っ白になり、
結合する度に全身に快感が走った。
「…いくぞ…甄よ…」
「我が君、甄も一緒に…!」
曹丕は、甄姫の中で果てた。
大量の白濁液を中に放出した。

「やれやれ~、曹丕さんと甄姫さんはまだお取り込み中かい?」
「そ、曹丕殿と甄姫様の愛の砦、
この鉄壁の盾にて守る!」
「やれやれ、わざわざこんな暑い所で陣張って
呉を刺激しなくったって
城内でやってりゃいいのにねえ」
砦の外では、戦の準備を整え終えて指示を待つ
鳳統と曹仁が、総大将を待ち兼ねていたのだった。

以上でした。
無双OROCHI魔王再臨、呉伝3章を参考にしました。

まさかマジで下さる神がいるとは…やばいテラ萌えた…!ありがとさんです!
ところで漏れは何を投下すれば…

個人的には卑弥呼きぼん

義経×貂蝉はだめですか

浅井殿の必殺技モーションがとてもアレに見えるのは俺だけでしょうか?

惇兄×くのいちはまだか

真田×くのいちはまだか?
オロチ設定で離れ離れだった二人が再開…みたいなの希望

曹操×くのいちを期待してるのは俺だけじゃないはずだ

ジョカ×太硬棒はまだですか?

お市かガラシャきぼん

>310-311
ありがとうだよー!

元親×甄姫
麗しき調べ、奏でよう・・・凄絶に!!

ま、まてまて収集がつかん…

じゃあ間を取って名族×今川の高貴なSSを期待するか

何ゆえ男同士なのかの、の!

太公望×ガラシャと趙雲×稲姫

思ったんだが、蘭丸は男に分類されるの? それとも女?
信長様絡みで何か書こう、と思ってて蘭丸が出たところで
ふと「そういやこいつ男だった気が…」となり、慌てて濃姫に入れ替え
まあ結局ボツになったから関係ないけどさ

ああ見えて蘭丸は男ですから・・・まあ、衆道なら信長様大丈夫ですけど・・・このスレ的にはアウトですけど。

分からないのが董卓。
陸遜を女性と間違えかけるし、曹丕を拉致監禁するし、酒池肉林を欲するあまりなにか道を踏み外しかけているような気がしてなりません。

あれはいろんな意味でおどろいたなw

半蔵の覆面の下は美女かも、とか言い出すしな董卓

董卓wwww
そのわりに周喩とか明智とかには興味無いところみると
ますます趣味がワカラヌ…

劉備×孫尚香投下します。

「美しい瞳だな…」
尚香の瞳をまじまじと見つめて劉備は言った。
「玄徳様…」
「まるで川を眺めているかのような、深緑よ…」
尚香は目を閉じた。
劉備は尚香の唇に自らの唇を重ねた。
「んっ…」
劉備は尚香の背中に右手を回して優しく寝床に横にした。
唇を重ねたまま、左手を尚香の胸にあてる。
柔らかく大きな乳房を鷲掴みにして揉みしだきながら
指先で乳首を刺激する。
「んんっ…」
尚香の頬が赤く染まる。
(なんと柔らかく美しい乳房だ。
大きくて…よい…!)
内心で尚香の乳房に驚喜しつつ
滑らかな肌を撫でながら、その乳房に接吻した。
「あっやだ、くすぐったい…」
劉備は舌先で乳首を刺激しながら、右手は股の辺りを触った。
割れ目に指を入れると、体温が伝わってきた。
「ああ、は、恥ずかしい…」
劉備は指先で秘所の突起を刺激した。
「あっ…あっ」
(戦場では勇猛果敢な孫呉の姫…。
だが今はその片鱗も無い。
若く瑞々しく艶やか、初々しいことよ。)
秘所を刺激していると、指先が濡れてきた。
「あっ…な、なんだか変…変な感じ…」
少しうわずった声で尚香が喘ぐ。
(姫は、男に抱かれたことは無いようだな…)
劉備は、未通娘を相手にすることに少し緊張を覚えていた。

劉備は、尚香の両足を開いた。
「そ、そんなとこまじまじとみ、見ないで、恥ずかしい…」
劉備は舌先で尚香の秘壺の蕾を刺激した。
「あっ…!んんっ、そんなとこ舐めるなんてっ…!汚いわっ…や、やめてっ…!」
声に反して秘壺は蜜を増していく。
劉備は秘壺に指を入れた。
じゅぶ、じゅぶと淫靡な音がした。
「んんっ…!何、この感じっ…んっ、な、なんか私おかしくなりそうっ…!
あんっ…私が私じゃなくなりそう、
ああ、ああ…だ、だめ、怖い」
劉備は、尚香の瞳を見つめた。
「何も怖れることはない、私がついているぞ、尚香殿」
「…あ、あなたを信じるわ」
劉備は、己自身を尚香の秘壺に差し込んだ。
「ああっ…!」
劉備は尚香の足に自らの足を絡め
尚香の身体に自らの身体を重ねた。
両腕でしっかりと尚香の背中を抱き締めた。
「ああっ…あっあ、な、何か入ってるっ…!」
劉備は、肌で尚香の柔らかい肌を感じながら
自身でかき混ぜた。
「はぁっあっあんっ!あん!」
身体のぶつかる音と湿った音が響く。
「玄徳様…私、私…ぁあ、ぁん…きもち、いい…」
「私もだ、尚香殿…」
「ずっと…一緒にいてね…」


劉備は、しっかりと尚香の身体を抱き締めた。
「ああ、もちろんだとも!」
「嬉しい、玄徳様…」
「尚香殿…」
二人は熱く接吻を交わした。
「んぅっ…!」
自身を震わせて、劉備は尚香の中で果てた。
「ああっ…!あ、あつい…」
尚香の秘壺を、熱い液体が満たした。


二人が再会した一夜は、こうしてふけていったのであった。

以上でした。

GJ!
劉備&尚香夫婦大好きな自分にはたまらないぜ…


上の人と同じで劉尚大好きだから嬉しいです

すばらしいですねー

もっと投下あってもいいCPだけどあんまりみないよね


それとガラシャの第3モデルみたかな?みたことない人は見るべきだ、ガラシャ好きにはたまらないね。

メイドコスのやつか。あくまでも戦国時代を扱うゲームとして
遊びすぎてる感じはあるが、ネタとしてならまあいいか。
BASARAよりはましだし(というか正統派だからな)。

むしろ最近の無双は腐女子向けにチューンされすぎてるから、あれくらいのサプライズがないとつまらんよ

ねねの3衣装の尻もいい。
あのむっちりさ、光沢がすごくいいw

ねね「身動き取れなくして!悪い子だね!
…んんっ!あんっ!そ、そんなにお尻揉まないのっ!いやらしい子だねっ!
ぁあ、そこはっ、ぁあ、指でつついたらもうっ…!
悪い子だね!」

緊縛プレイは板違いかw

真くのマダー?

星彩の3コスは黒タイツだよなw

遠呂智軍に捕らえられた孫市とガラシャ
お互い捕まっている事は知らず、二人は妲己により目隠し・耳栓をされ素っ裸に
相手が誰か分からぬ状態で交わる孫市とガラシャ
孫市がガラシャに挿入した所で妲己は目隠し・耳栓を外し、二人は相手が親友(ダチ)であったことに驚愕する

妄想が頭の中で繰り広げられているが、文章にする程能力は無い
脳内で一人で楽しむ事にする

それよりもドラマティックモード設定で孫市×くのいち頼む

救援の時とか元親のギンちゃんへの台詞に萌える。べた褒めだし。

お前らどんな組み合わせのSS読みたいよ

どんな台詞だっけ?

再臨で陰が薄い三成×チョウセン

妲己×太公望が読みたい
逆もまたしかり

立花の救援とは…光栄だ
上等…雷霆が戦場を揺るがしている
貴様は天より降った雷の乙女だ(1000人斬り達成)

上二つはともかく、下のへぼい詩人の愛の歌
みたいな描写に吹いた。どうしたんだ、元親w
甄姫への特殊台詞は音楽仲間ゆえの共感って感じ。


禿同

俺も三成×貂蝉読みたい
しかし再臨でちゃんと会話があるのは驚いたな

元親www

入れた所ではなくやっちゃってる途中で外すとかもいいかも
もちろん素直にやるわけないので、あらかじめ人質を取っておいて無理やりやらせる

孫には「ガラシャを助けて欲しければ~」
ガラシャには「孫市のことを助けたければ~」
と言っておき、目隠し耳栓でセックルさせる
で、出しちゃったとこで外すとかな

元親×千代 を途中まで投下。
エロに到達するまで冗長ですので注意。


陽平関での戦いに勝利し、それまで守りに徹していた江東の虎・孫堅が
ついに目覚めて遠呂智と対峙すべく虎穴から出た。
士気をあげ、真近であろう最終決戦への決意と結束を固めるために
今宵孫堅はささやかながら酒宴を催している。

うわばみのような黄蓋やどれだけ飲んでもいつも通り顔色一つ変えない周泰
に付き合いきれず酒宴を抜け、自らの幕舎の前で月を相手に元親は
何を思うでもなく1人三味線を爪弾いていた。
宴もたけなわ、周囲には誰もいない。ただ三味線の哀愁漂う音が鳴り響く。
「よき調べだな、元親。」
振り返れば立花千代が佇んでいた。
いつものような凛々しい鎧姿ではなく、簡素な男物の衣装を身に着けているが
酒のせいか目元がほんのりと桜付きなんともいえないなまめかしさがある。
千代は歩み寄ると元親の側に腰を下ろした。
「ああ、心地よい。」
酒で火照った体に夜風を受けて気持ち良さそうに目を瞑っている。
気の強そうな口元に強い意志をたたえた大きな瞳、姫として女物の衣装を身にまとい
飾り立てればさぞ艶やかで美しいだろうと思わずにはいられない。
「何を人の顔をまじまじと見つめている?」
真っ直ぐにこちらを見つめたまま問われ、元親は内心いささか慌てた。


「いや・・・・孫策たちはどうした。まだ飲んでいるのか?」
「周瑜殿は次の戦に備えて作戦を練るとかで早々に退席なされた。
孫権殿は早々に酔いつぶられて、孫策殿も大分酔われていておられるご様子だった。
大喬殿が甲斐甲斐しく介抱していたようだが・・・・ああいうのを良妻と言うのだろうな。」
最後の一言がわずかな溜息とうらやましさのようなものを含んで発せられた事を
元親は見逃さなかった。
「・・・・夫の側に一歩引いて付き従い支えるのだけが良妻ではあるまい。
夫婦と言うものは色々な形があるものだ。」
「夫婦、か。私は妻でなくせいぜい奴の『戦友』にしかなれぬ。
妻として見てもらった事などただの一度もない。」
珍しく憂いをおびた表情で千代は自嘲気味に言い放つ。
その瞬間、自分でも驚くほどに元親の心がざわついた。
千代の夫である宗茂は立花道雪の再三の要望により
立花家に婿入りしたという。千代本人の意思ではなく、
戦国の世にはよくあるお家存続のための政略結婚の類だ。
ましてや夫婦仲は冷え切っていると耳にしたのに、
これではまるで千代が宗茂を好いていて、
女として妻として扱われることを切望しているようにしか思えない。
「・・・・貴様の心中にはあの男がいるのか。」
文武に優れ度量の大きい好漢の顔が脳裏にちらつき、
言いようのない嫉妬を覚えた。



「元親?」
ただならぬ雰囲気を察した千代が身構えたが、元親は素早く彼女を押し倒し
組み敷いてしまった。
「き、貴様!何をする!」
流石に普段戦場を駆け回っているだけあって普通の女よりもしなやかな筋肉がついていたが、
刀を持たぬその身はしょせん男の力には適わない。
「立花と言う鎧など捨てて、ただの女に成り下がってしまえばよい。」
そうつぶやくや否や、元親は口付けを施す。
千代は必死に抵抗して押し返そうとしたが、
ふいに元親に胸をまさぐられて身体を震わした。
「んっ・・・・。」
その隙を元親が逃すはずもなく、すかさず舌が入ってくる。
思う存分口内を蹂躙するとようやく元親は唇を離したが、
そのまま耳朶を甘く噛みながら服の上から乳首を爪で
カリカリとひっかくようにして愛撫を続ける。
「や、やめよ元親。そのような事がしたければ他に女がいくらでも・・・。」
うわずった声で懇願するギン千代を尻目に、元親は手早く上衣を脱がせてしまう。
普段鎧で覆い隠されて日に当たらないせいだろうか、
思ったよりも肌は白い。


「う・・・あっ!」
まろやかな乳房を左手でやわやわと揉みしだきながら、右の乳首を舌で転がしてやると
千代が初めて甘い声をあげた。自分でもその声音に驚いたのか、すかさず手を口に
あてて必死に塞ぐ。
「我慢せずにもっと啼け。」
「だ、誰がそのようなこと!」
紅潮した顔で元親をねめつける。
元親に執拗に乳首を甘噛みされ、熱い舌で嬲られ吸われても目元に涙をにじませながら
千代は首を横に振り快感に耐えた。その姿がますます男の征服欲と嗜虐心を煽り立てるとも知らずに。
「上等。是が非でも啼いてもらうぞ、・・・・凄絶にな。」
口元に笑みをにじませながら、元親の手が千代の下穿きに侵入した。



続きは近日中に投下。エロはやや薄めの予定。

久々見てみたら元親×ギン千代とは!!
続き待ってます!いつまでも待ってます!!

孫権×大喬の背徳感溢れる話しキボン。今回、始めて会話あったし。

GJ!乳責めエロすwたまらんむはぁw続きが楽しみだw

GJだが戦国スレに投下するべき内容だったな

カップリングは戦国西軍だけど、孫呉のメンツが出てるから一応OROCHIが舞台なんじゃね?

そうそう

舞台がOROCHIだったらキャラが戦国同士でもこのスレでいいんじゃね?
戦国キャラ同士でも舞台がOROCHIだと戦国スレに書いていいものか迷う。

元親のギン千代レイープ(゜∀゜)イイ!

数カ月にも及ぶオロチとの激しい戦。
そんなある日、呂布御一行は洛陽近くで野営をしていた。
夜遅く、方天画戟を方天画戟立てかけ座ったまま、目を閉じる呂布の居るテントの前に小さな人影が現れ、
まったく足音を立てずにソロソロと近づいてくる。

――――が、そこは天下の名将。
人影がテントの前で立ち止まると、閉じていた目をカッと開きそちらを見据え、
「誰だ! 名乗らねば斬るぞ!!」
と大声をあげる。

「あらら、バレちゃったのかい。まったく、相変わらず隙が無いねぇ」
頭をポリポリ掻きながら現れたのは、呂布と行動を共にしていたねねだった。
「明日は城攻めなんだから、呂布ちゃんもしっかり寝て無いと力で無いよ?」
「おい、その呼び方はやめろと言っているだろう」
「ほらほら、そんな堅い事言わないでさっ!」

眉間にしわを寄せながらも、歩みよるねねに思わず体を引いてしまう呂布。
もともと女はそんなに得意ではなく、特にねねは掴みどころが無くて苦手だった。
「そ……それで、こんな時間になんの用だ」
「う~ん……用って言うか…………えぃ♪」

ねねの掛け声とともに自由は奪われ、まるで固まってしまったように動かない体。
呂布は必死に体を動かそうと抗っている。
「キ……キサマ! 何のつもりだ!!」
「大丈夫、大丈夫♪ 別に命取ったりしないよぉ。 おーい、あんた達。ちょっと手伝っておくれ」

その声に反応して、再び足音を立てずに現れた女忍者。くのいち。
彼女もまた呂布と行動を共にしていた。
「あーっ! やっと呂布ちゃんに術をかけれたんだねん♪」
「術だと? ……その前に、キサマまでその名で呼――――」
「あれ? あの子はどうしたんだい?」
「んにゃ? 阿国さんなら、『ウチはゆっくり行かせてもらいますえ~』とか言ってたにゃあ」

動けぬ呂布を放置して、話しを続ける二人。呂布の額の欠陥がブチブチと音を立てキレていく。
「キサマらぁー!! うお゙――――!!」
その叫びと共に、指先が動き、首が動き……呂布は無理やり術を破ろうとしていた。
「ひぇ~、まさかねね忍法が破られるってのかい?! こうしちゃいられない、ねね忍法分身の術!」


ねねの側に現れた二人の分身は、すぐさま呂布の両手にしがみ付き、動きを封じる。
それでも尚、術を解こうと額に汗を滲ませ奮起する呂布。
「なんて力なんだい……くのちゃん、助太刀頼むよ。」
「あいあいさぁ~♪ それっ!! え――い!!」

くのいちは呂布の後ろから飛び付き、体をそのまま後ろへ倒そうとした。
術にかかって、両手にねね、背なかにくのいち。この状況、普通の将ならすぐに倒れてしまうだろう。
しかし粘る呂布。それどころか、立て懸けている方天画戟に手を伸ばしている。
「うにゃー!! 呂布ちゃんしぶと過ぎるにゃ~!!」
「なんなんだいこの馬鹿力は……!」

呂布の手は方天画戟まであと一伸び……勝ったと思い、僅かに笑みを浮かべる。
しかしその時、呂布の手元から方天画戟が去ってしまった。
「こない危ないもんは、ウチが預かっときますえ」

タッチの差さで現れたのは、これまた行動を共にする阿国。
方天画戟をあと一歩の所で逃した呂布は意気消沈、ついにその場に倒れこんでしまった。
「キサマら……俺をどうするつもりだ! 首を敵に渡して寝返るのか!!」
倒れて尚、ギロッとねねを睨みつける呂布。

「何言ってんだい、私たちは仲間じゃないか。そんな事をするんじゃなくて、もっと良い事を……よいしょ」
「なっ! 何をしている!!」
ねねは手際よくカチャカチャと鎧や靴を脱がし、あっという間に下半身を丸裸にしてしまった。

「うわぁー! やっぱり思ったとおり、でっかいねぇー」
「にゃ、にゃ、にゃっ!!? 幸村様のも大きいけど、比べ物にならない程大きいにゃ!!」
「ほんまに……こない大きいのは、ウチも初めてどす……はよ、いただきまひょ」
呂布のモノを見て、はしゃぐ三人。
そう、最初から目的は命などでは無く、コレだったのだ。
ねねはそっとソレを手で掴み、優しく手を上下させる。

「こ、こらっ!! 離さんか!! おい!! いい加減に……」
「おやおや、こんなに大きくしといて何言ってるんだい。口の悪い子はお仕置きだよ? ――――あむっ、ちゅぱ……んんー……」
口を大きく開けてソレを頬張り、あまりの大きさに時折表情をゆがめながらも、ねねは頭をゆっくりと動かす。

「姐さん! 一回イったら交代してにゃ!!」
「ウチかて、もう我慢できまへん」






この夜、呂布は童貞を卒業したとさ。 めでたしめでたし

こんな事を考えながらゲームしてて、呂布さん本当にごめんなさい。





職人さんGJ★


ところで
三成とチョウセンって
会話のやりとりとかあったの?

知ってる人
教えてほしい!
参考にしながら
書いてみるから。

職人さんGJ★


ところで
三成とチョウセンって
会話のやり取りとかあったの?


知ってる人
教えてほしい!
参考にしながら
書いてみるから。

OROCHI無印の魏外伝貂蝉千里行と再臨の魏2章

感謝!!

早速プレイして
執筆してみる。

GJ!!呂布の断末魔にワロタw

がんばれ!

保管庫潰れてないか?

サーバーが重いだけかも。
携帯からだが、何回かやったら見れたぞ。

自分的には舞台と設定がオロチならば戦国CPでもOKだと思う

元親が鬼畜気味。

確かにCP的には戦国スレで良かったかもしれん。

元親の長い指が千代の秘所をまさぐると、そこはじんわりと濡れていた。
「やっ、そこは・・・・ああ!」
くちゃくちゃと音を立てながら指を往復させると、元親は淫核を探し当てて
蜜をなすりつけるようにしてゆっくりと円を描くようにして刺激する。
「空閨を自らで慰めたりしないのか?」
再び耳に舌を這わせながら問うと、千代は喘ぐように答える。
「そ、そのような事立花はせぬ・・・。」
「では、今宵はその身体にたっぷりと教え込むとしよう。」
下穿きを脱がせて秘所をさらけ出さてまじまじと見つめる。
ぬらぬらと光るそこはなんとも淫靡だった。
「そんなところ見るでない!」
抗議の声に耳を貸さずおもむろに元親は熱く長い舌を押し付けると、
ゆっくりと下から上へと何度も舐め上げる。
「っ・・・・ひ、やめろぉ。」
切ない吐息をもらしながら腰をひいて逃げようとするが、
元親はがっちりと押さえ込んでいて放してくれようはずもない。
それどころか流れる蜜を味わうべく舌を中に侵入させて
ゆるゆると抜き差しし始める。
舌を抜いて指を入れると、そこは幾分ほぐれているとはいえ狭かった。
指をくの字に曲げるようにして繊細に中を刺激しながら、舌は再び淫核をとらえる。
「ああっん!」
ざらざらした部分をぴったりと淫核に当てて上下に動かしてやると、
ようやく千代が喜びの甘い声をあげる。
それを聞いた元親はやや満足げに目を細めると、皮をむいて口で吸い始めた。


「ふぁ、あっ、あっ・・・。」
最早声をおさえる余裕も無く、千代は白い太ももをくねらせて踊る。
とどめとばかりに口で吸いながら舌でコリコリと硬くなった核を舐めまわしてやると、
ひときわ高い声をあげて彼女がのぼりつめる。
「ああぁぁぁー!」
イっている間も元親の指と舌は秘所をまさぐったままで、
太ももの震えがおさまってからようやく解放した。
「いい声で啼けたではないか。」
口元を軽くぬぐいながら元親がそう評しても、
イったばかりで余裕の無い千代は荒い息のまま呆けた瞳で天を仰いでいる。
そのしどけない姿に背筋をぞくりと震わせ、
元親は先ほどから熱く隆起していた自身を秘所にあてた。
「あ・・・・?」
幾分挿入すると千代が反応を見せる。
達したばかりで朦朧とした瞳に、戸惑いと喜びの交じった生気が宿る
この瞬間が元親は好きだった。
「だ、だめだ元親。それだけは許して、くはっ!」
(我ながら歪んでいるな・・・)
元親はそう自嘲しながらそのまま容赦なく奥まで突き入れてしまう。


「っ・・・狭いな、貴様の中は。動かすぞ。」
中の壁を雁首でえぐるようにゆっくりと膣口まで引き出し、
それから押し込むように突く。
それを何度も何度も繰り返してやると、やがて千代の秘所は元親のそれに馴染み
貪欲に中へ中へと引き込もうとさえし始めた。
時折膣口だけを浅く出入りしたり、腰をぴったりと押し付けて
亀頭を子宮口につけたまま腰をまわすのも忘れない。
「嫌ぁ、だめ、だめぇ。」
乳房を揉み、頂をしごきながら抽送を続けると
段々と千代の声が鼻にかかったように甘ったるくなってきた。
元親は背中を反らせながら嬌声をあげる彼女の顔を自分に向けさせ、言い放つ。
「立花という家名も、もののふとしての矜持も今は捨てろ。貴様はただの女に過ぎん。」
「んっ、はあ・・・・私が、女?」
「そうだ。快楽に身を委ねる淫らな女だ。」
流石に元親も余裕がなくなってきたのか、先ほどよりも激しく動かし腰を打ち付け始める。
「女・・・・・ふぁ、私は女。おんなぁ・・・!」
限りなく卑猥な水音が響く中、元親の首をかき抱いたまま
些か呂律のまわらない口調で千代はうわ言のように繰り返す。
「ああああぁぁ!」
「くっ・・・千代!!」
搾り取るかのように中が一際収縮し、千代が達する。
同時に元親は最後に一層奥まで突き入れると、
それまでよりも熱っぽい口調で名前を呼びそのまま中で果てた。
「ひぁ!子種がぁ、子種が入ってくるう・・!」
一滴残らず出し切ってから、ようやく元親はずるりと陰茎を抜いた。


「はぁ、はぁ・・・。」
息も絶え絶えの千代に口付けをすると、元親は千代の身体を反転させる。
戦で負ったのであろう、決め細やかな肌の背中にうっすらと残る矢傷を舌でなぞると
「ん・・・。」
と小さく声を上げて千代が反応した。その背中に、元親が覆いかぶさり組み敷く。
「え?あ・・・・う、そ。」
千代が顔面を蒼白にして背中越しに振り返ろうとする。
いまだ硬さを失わない元親の陰茎が秘所に当てられたからだ。
「やめよ・・・元親。もう、許せ・・・!」
にじって逃げようともがく千代の両腕を押さえつけると、
元親は耳元に唇を寄せ愉悦を含んだ声で囁く。
「言ったはずだ、今宵はたっぷりと教え込むと。せいぜい貴様の甘い調べを聞かせてもらうとしよう。」 

(明日になれば、また遠呂智軍相手に共に死地に立つ。
そして貴様は立花として悲壮なほどの決意を持って戦場を雷霆の如く駆け抜けるのだろう。
だが今だけは、この腕の中ではただの女でいてくれ。)
泣きながら身をよじらせる千代の姿に愛おしさと嗜虐心を覚えながら
元親は再び腰を動かし始めた。

                               ― 了 ―


リアルタイムでキタ━(゚∀゚)━!!
女になるギン千代カワユスw

やや鬼畜な元親に攻められる千代たまらん!

呂布ちゃんて呼び方バロスwwww
しかし童貞狩りとは羨ましいシチュエーション

ギン千代のせいで俺の下半身の真・遠呂智が凄絶に目覚めた。

GJ!

ギン千代可愛いよーーー!!
妄想が現実になったみたいでたまらなくうれしい!!
ありがとうございました!!!

GJ

だがギン千代×周泰も見たいです先生

さて俺もエロパロデビューをしたいのだが、どの組み合わせで書いて良いものか解らんな…。
余り投下されてない百合物もおkか?

おk

おk

おk----!


三成×チョウセン
書いてるんだが苦戦中。


ここにいる人たちに
意見を聞きたいんだが



冷たい顔して心の中は
リョフに嫉妬の気持ちを
燃やしている
三成がチョウセンに迫る話しか


リョフに会えない
孤独な気持ちを三成に
ぶつける(迫る?)
チョウセンと


どちらがよい?


>冷たい顔して心の中は
リョフに嫉妬の気持ちを
燃やしている
三成がチョウセンに迫る話

がいいな

あと余計なお世話かもしれんが、呂布ぐらい漢字変換したら如何かな?


>>399

早速意見を
ありがとう!


携帯だから
一発で漢字で
出ないんだよね…
変換するの面倒で;


でも、小説の投稿は
パソコンでする予定~


執筆頑張ります。

呂布が妲己と一緒にいるのを見て傷ついた貂蝉、
それを見た三成が傷心の貂蝉を労ろうとした、

なんてのはどうだろう?

いや、ドラマティックモード見てたら思いついただけなんだが。



【ヌケル官能小説】美人女優陵辱記 第20話:解放された水穂

人気小説ランキング「官能小説.com」 ●人気アダルトBLOGランキング <CM> ●無修正動画配信サイト「一本道 」の、AV女優矢沢るいが剃毛されバイパンになる姿が見られる「「スジッ娘倶楽部 会員No.1」剃ります 矢沢るい」の無料サンプル動画が、下の ...



『潤色の舌戯』 ?家政婦編? その71

わたしだけッ!? あ、その前に、その六本木とか渋谷にむかう前に、満員の山の手...



ちょっとHなカバー集 2008/12/15

ちょっとHな本のカバーを掲載中! クリックすると詳細ページへ飛びます。 いけないオンラインショップ エロアニメコーナーはこちら. 淫vision, ひだまり, 秘唇の放課後, ビキニの国から…



いとこ三昧?(朋子18歳)

当時まだ仲1だったいとこの英章に性の手ほどきを教えたのは今から15年ほど前、まさかその後彼の姉である朋子を皮切りにいとこたちと体を交える関係になろうとは思ってもいなかった。 ちなみに俺の親が戦前世代のせいか「おじ・おば」の人数は多く、必然 ...



大変、遅くなりました・・・(美 波)

ただ今、真夜中の2時です・・・. 問題の主である私がこんな時間になってしまい本当に申し訳ありません。 先生と二人で観たいと思っていた. 今年一番の大きな月を昨夜は観る事が出来ませんでした。 それでも今、窓ガラスには澄んだ青い月の光が映ってい ...



記事掲載【12/9-12/15】

【担当ページ】デジペディア トレンド '08冬[ケータイ官能小説]マル秘コレクション【コメント】ケータイコンテンツの中でも、実はとてもお得な官能小説の良品サイトを紹介しております。恥ずかしながらアダルト色のある記事を書くのは初めてだったので、 ...



マイブーム

と言うことで実に20年ぶりに歴史小説を読んでいます。 で・・・感想は・・・やっぱり面白いのですが・・・こんなに艶っぽいシーンが多かったかなぁ と言う印象です。 何か・・・官能小説を読んでいるような 現在『国盗り物語』の2巻を読み終えるところ ...



足コキ・足の匂い画像,伊藤悠が新連載開始,カトゆー家集合写真,なんで ...

魅力はIカップ爆乳だけじゃない 官能小説を朗読する“朗ドル”栗まり ◆ネガコメを怖がる人へ ◆2ch 冬コミ・夏コミ・コミケで見た衝撃的なコメント ◆乳首なんて飾りです。エロい人にはわからんのですよ ◆ファイナルファンタジー5に登場するボスを高速 ...



12月23日(祝)あ、安部礼司~恋するジングルベルSPECIAL【後編】の ...

ところで・・・本当にどうでもいい突っ込みだけど、大場部長とシャア長は官能小説作家としてライバルだったはずで、なおかつ初対面じゃなかったような気がするんだけど・・・(^^;)。 では刈谷勇ファンによるカリヤー的記述に映る。 ...



時間を止めて教室に侵入 そしてエロ行為動画

エロアニメ村の宝箱 ■女子校生2人と3P動画 ■クラリズム 満島ひかり人妻動画 ■プリ プリ プリンセス 森村さちえ動画 ■ギリモザ ディープスロート Ami動画 ■セーラー女子高生に次々顔射動画 ■松嶋かえでが官能小説でオナニーYourfilehost動画 ...



カチン

どーせくだらない官能小説でも読んでるんやろう、と寝たフリを続けたが、なんかすごく気になったため、薄目を開けてチラチラしてみた。 『憂国』 横の若者はあんたみたいな大人がおる日本をこそ今まさに憂いておる!!! が、そんなん言う勇気なんてない ...



病みつきオナニー9

病みつきオナニー9 オナニー愛好家ゆみの様々な自慰行為が展開していく。 官能小説を読み興奮して指オナで果て、ローションまみれになりながら手に収まりきらない巨乳を揉みまくる。最後はハードオナニーで昇天する。 フェチ・マニア動画無料サンプルB10F.



ギャルの顔面に特濃ザーメンをぶっかけ!!

巨乳っ子が先生のお願いに答えちゃいます ■小川あさみのソーププレイ ■淫乱素人ギャルを自宅でハメ撮り! ■ギャルとデートしてホテルでハメ撮り ■乱交クラブ.課長接待 ■わたしが女の体教えてあ・げ・る ■官能小説・出会い系で男あさり ...



囁き文庫 ?淫靡な音色?

囁き文庫 ?淫靡な音色? 囁き文庫 ?淫靡な音色? 発売日: 再生時間: 出演者: シリーズ:囁き文庫メーカー: レーベル: ジャンル:官能小説 音声作品 女教師. レビュー 「ピアノのマドンナ」として●生から慕われている新米音楽教師の織音。 ...



野外露出M系痴女にはめる。

俺はいたたまれなくなって、声をかけた。 「ご主人様の罰を受けているの。」 痴女は恍惚とした表情で答えた。 「罰・・・?」 そういえば、首にはレザーの首輪がはめられているし、両手も後ろに回されて固定されているようだ。 にほんブログ村 小説ブログ ...



真由 7

信じていることが嘘に思え、信じられないことの方が真実味に溢れていることは、よくある。あやふやな感情や、形のない優しさより、五感を揺さぶる性欲の方が愛しいことも、よくある。真由の乳房に顔を埋め、秀典は女の匂いに陶酔する。 ...



届かぬ想い(9)

第9話 妄想 公園での出来事を思い出しながら、マサトは自分の部屋のベッドの上で寝転がっていた。その場面を思い出しただけでも心臓の鼓動が早くなっていくのを感じていた。 アダルトビデオではあのような光景を見たことはあるが、実際に他人のセックス ...



出会い系で知り合った信彦は今最高のセフレ。

私が出会い系を使ってしまったのは、職場がおじさんばっかりで、自分もこのまま枯れていってしまうのかなあと不安になったからです。 たまにいっしょに遊びにいく●生時代の女友達たちは、毎回、楽しそうに彼氏や職場の独身男性の話で盛り上がります。 ...



夜の桃『官能 小説』

確かにエロに想像力は不可欠だが(画像はイメージです) 要するに官能小説コーナーからスライドしてきて 一般小説のコーナーで読んでいる風を演出しているつもり になっていたのだけど、 実はライトノベルコーナーだった ということのようです。 ...



文豪への道?

そー簡単に小説は書けないもんです; まぁそんな完璧な小説って意味じゃないなんてわかってるんだけどねw なんとなくつっこんでみたかったw(ぇ 俺の友達にも『小説書いてる』ってヤツいたしなぁ・・ どーしても見せてくれないから? 『官能小説』なん ...


 | HOME | 

カテゴリー


プロフィール

文鳥

Author:文鳥
ようこそ!


最新の記事


ラブホJK動画(無料)

制服美少女と性交 鳴海せいら


制服が似合う美少女のセックスを、生撮り感覚で余すコトなく撮るというシリーズ。第3弾に出演する鳴海せいらチャンは男を愛撫し騎乗位で美乳を揺らしながら桃尻を振り快感に耽る、まさに本気性交を見せてくれマス。
サンプル動画を見る


はるか


気の強そうな見た目でも、従順な「はるか」。すべてを跳ね除けようとする意思とは裏腹に抜群の感度とGカップの巨乳で生ハメされまくりです。強引にされればされるほど、濡れるいやらしい女の子。見た目とのギャップも楽しめる稀有な女の子です。
サンプル動画を見る


芸能未満育成中 1


グラドルを志す浪速っ娘をグラビア撮影だと偽ってホメ殺し攻撃で洗脳してゆき、その気にさせて超過激な事もヤッちゃう娘に育成し、最終的にはエロエロな映像を撮ってしまう!グラドルを目指すだけあって、とってもナイスバディでそそられる!!
サンプル動画を見る


女子校生裏バイブル 5

男達が一度は憧れる永遠のテーマ…女子校生!街中を短いスカートで歩くあの姿。思わず後をつけちゃった人もいるのでは!?「あの娘達って、処女かなぁ…?」って、違います!全然違います!当然ヤッてます!!そんな彼女達のセックスライフとは?想像を遥に超えたセックスライフに、アナタは耐えられますか?もうエッチな想像なしではミニスカを見る事は出来ません!!
サンプル動画を見る


放課後美少女H 岩佐真理

クリットした瞳と、あどけなさが残る岩佐真理ちゃんがオーロラに登場!男のモノを前にすると熱の篭った濃厚なフェラで責立ててくれるのです!そして挿入されると一気に反応は急加速!「始めの抑えは何だったの?」と言う感じのSEXを披露してくれますよ。顔にも膣にもタップリと出されて恍惚状態の真理ちゃん。中盤の本気セルフ自慰も腰をすえて楽しんで下さい。
サンプル動画を見る


投稿実話 悶絶女学生


とある雑誌に寄せられた読者の投稿を実写化。成熟してきた体に群がる男たちとの体験…。何度もイカされ、大人のセックスに酔いしれた。あの時のことを思い出すと今でもアソコが疼いてしまいます…。
サンプル動画を見る


アナルTHEまにあ 持田茜


アナル、マ○コ、クチを同時に肉棒で責めたてる!壮絶3穴SEX!!壮絶アナルFUCK!チンコを激しく肛門に突き刺す!身体を震わせ何度も大絶頂!これぞ持田茜アナルの極上決定版!!
サンプル動画を見る

【提供】 DMMアダルト


フィード


ユーザータグ

変態 学校であった恋い話 ハルヒのパロネタ 女の子 Sな態度 甘えんぼう シーン 愛液 南国の太陽の下 精液 妲己 エロ画像 卑弥呼 萌える SFC版 甘えてくる娘 ジョカ 着物 ぶっちゃけエロい 敏感な亀頭を刺激 学怖同人 ホラー 甘えてくる子 ニコ動 ドMすぎる 女子高生 戦国無双 歯医者 真・三國無双 イタズラ 下着 輪姦 三国無双孔明×月英事後 無双OROCHI 無印、再臨 性交を求めてくる娘 七転び八転がり 制服 公開 観察日記 捕虜 地下室 甘えんぼうの彼女 強い快楽 美少女 陵辱 オロチ オロチの淫謀シリーズ ラブラブオンリーな話 セックス 大量の白濁液を中に放出 エロゲ ギン千代 大人の女性 太くなった性器 携帯電話 大学 処女 妻の躰 青姦 ポエム集 アイドル 一糸纏わぬ姿 携帯 ズッコンバッコン 覚書シリーズ ノーパン 子供みたいに甘える保母さん ドM クリトリス 伝説の友情エンド wiki 漫画 卑弥呼×妲妃 ツンデレ ギャルゲー 研修生 小説 エロ 肉棒を食わえてる コスプレ 孔明 無双OROCHI魔王再臨 リストカット 画像 曹丕×甄姫 保管庫 ヒロイン レイプ 羽扇プレイ 高圧的でドS ストーリー しゃぶられた胸 秘部を守る下着 ああ コレクション ゲーム 寝取られ漫画  動画 カップル 処女ビッチ 口づけ シナリオ 卑弥呼×ガラシャ 学怖 エロシーン ナンパ野郎 GJ エロス 貧乳設定 ハレンチ 萌え お姉さま 官能小説 女カ×貂蝉 博士 学校 ヤンデレ ディープキス 和服 普段ノーパン 


実録!キャバ嬢口説きマニュアル




まずはこのノウハウを作るきっかけとなった私の友人の話を聞いていただきたい。

その友人ダイスケは30年間彼女もなく、かなりのブ男だった。
あらゆる方法で彼女をゲットしようとしたがどれもうまくゆかず・・・・。
最終的にたどりついたのがキャバクラだった。
キャバ嬢の甘い言葉に乗せられてブランド品をプレゼントしまくり、ムダ金を使いまくった。
その額、なんと120万円以上。
そしてキャバ嬢に告白した結果は・・・・・・・・・・・・。

「お付き合いはちょっと・・・・・でもお店にはきてね。」

その後アフターで遭ってくれることは一度もなかったそうだ。
どこに問題があるのだろうか。
答えは簡単だ。
彼は「営業と本音」を見極められなかった。ということだ。
ダイスケはキャバ嬢が自分に気があると勘違いさせられていたのだ。
キャバ嬢は最高の女を「演じている」だけなのだということに早く気づくべきだった。

こうした悲惨な思いをしている人は他にも沢山いるのではないか。
キャバ嬢の営業トークにだまされ、金銭的にも苦しめられてゆく・・・・・・・。まさに地獄。
キャバクラを楽しむということとはほど遠い人生を送っている人がどれほどいることか・・・。
私はそうした人たちにキャバクラの本当の楽しみ方を教えたいと思ったのだ。
キャバ嬢と付き合う楽しみ・・・本物の恋をする楽しみ・・・
それを味わってもらいたい。これが長年培ったノウハウを提供しようと思ったいきさつなのです。

あなたはキャバクラの本当の楽しみを味わっているだろうか?

「キャバ嬢をお金をかけずにゲットしたい・・・」そんな悩みを持つあなたに朗報です!!もうキャバクラにムダ金を使う必要はありません。キャバ嬢の営業を見抜き、簡単にキャバ嬢を口説く究極の方法を伝授します!このマニュアルで一日も早くあなたもモテキャバ人生を歩んで下さい!
実録!キャバ嬢口説きマニュアル





大人気S級ロリ系美少女、美咲沙耶ちゃんが今度はハードコア物に挑戦!まずはビキニからはみ出たマンコ・乳を弄られながらプライベートインタビュー。質問に淡々と応えながら興奮した5人の男達にザーメンを順々にぶっかけられながら沙耶ちゃんも絶頂へ。次は緊縛プレイ。体じゅう紐でくくられ身動きできない沙耶ちゃん。多数のバイブで弄ばれます。終いには電摩4本責めで白目をむいて失神寸前状態に陥りながらイきまくり。最後は4人の男達のチンコを交互にしゃぶり全員を興奮させる沙耶ちゃん。様々な体位でガチンコファック。そして4連続生中出しで沙耶ちゃんのマンコはザーメンまみれに!!これは120%抜けるの間違い無し!詳細はこちら

ドラムカン
業界最大の完全オリジナル複合サイトです。オリジナル動画のみならず、18禁コミックや官能小説といったレアなジャンルのコンテンツも配信している点が魅力です。

ゆめぐみネット
Fetish No1
被虐への願望
コス*カフェ
普通の女の子達
堕天使達の憂鬱
Marron Club
Princess Island
Hot Leg Paradise
CLUB-JB
倒錯遊戯
Sakichannel
Ashiコッキー
ayu's closet
アンナのお尻
蘭ちゃんのメモリー
ハメハメ隊のネットナンパ
尻が透けてるよ!
観に淫行!
まちかどこまち
Club Chery
熟女・詩織のむっちりパンスト
Hip's WAREHOUSE
Choco Parfait
モット!ラブピース
ソックスの街
チャリンコ
紀之国屋投稿ぎゃらり~
bra
すいか
METALLIC FAN
ordinary leg
MY UNDER
みてね
人妻AyaのHなとこ・・・
ギャルズエイジャー
街角Girls Snap Shot!
外が好き
Cutie Bottoms
ミニスカートエンゼル
アッシーフェッチー
project hip
野外露出姫 Daily's Room
街の自転車
お外deNUGOCA
秘密のありゅばいと
Fairy & Devil
One Denier Aquamarine
レイの秘密
セキタカヒロの世界
もっと!かくれんぼ
already seen
パンチラ見サイル!
聖隷の詩
キレイなお姉さんダイスキ!
WET 濡れてスケスケ!
SLAVE of ENEMA
円熟の性
COMPASS
ましゅまろはうす
女子トイレDX
月山街撮り写真館
透けブラ・胸チラ・パンチラ
パンスト美脚な彼女達
制服射精
趣味の変態
Cutie Woman
鬢のほつれ
Seam
パンドラの箱
ジャンル:乱交 調教 露出
ジャンル:CG 小説 アニメ
ジャンル:コスチューム
ジャンル:素人図鑑
ジャンル:熟女 人妻
ジャンル:フェチ パーツ
ジャンル:盗撮 街撮り 投稿
ジャンル:オリジナル動画
ジャンル:美少女 クリーム

1ヶ月分 $36
銀行振込 6ヶ月 $206
入会ページ


(^0^)ラブホレポート




RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。